フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアについての説明(通販スーパーsp)

フィンペシア(Finpecia)を販売するシプラ社は、キノリンイエローという添加物を使用していないフィンペシアの販売を開始しました。オオサカ堂やJISA、ベストケンコーで販売しているフィンペシアは、キノリンイエローによる悪影響に不安を感じている方でも安心して安心して使用できる製品です。

フィンペシアは、有効成分としてフィナステリドを1mg含有する男性型脱毛症(AGA)の内服治療薬です。フィンペシアは、日本でAGA治療薬として有名なプロペシアの海外版ジェネリック医薬品で、インドの大手製薬会社シプラ社が開発・販売・引き受けを行っています。有効成分フィナステリド1mgを含有するフィンペシアは、プロペシア1mgと同等のAGA治療効果が期待されます。AGAやED治療薬は、独自に開発した薬の薬価が高いため、病院やクリニックで処方されると、先延ばしで効率の悪い負担が大きいため、金額の面でもジェネリック医薬品は非常に便利です。

AGAの原因となる5αリダクターゼには、1型と2型の2種類があります。5αリダクターゼは皮脂腺に多く存在し、2型は主に頭頂部や生え際の毛根に多く存在します。5αリダクターゼは男性ホルモンの一種であるテストステロンと結合し、毛母細胞(頭髪の元となる細胞)を攻撃します。DHT(ジヒドロテストステロン)、毛母細胞(髪の元)を攻撃します。AGAでは、ヘアサイクルの中で成長期が退行期から休止期へと短くなり、成長期を超え、休止期にとどまる毛包の数が増えます。AGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が原因であると考えられています。

男性型脱毛症(AGA)に悩む人の多くは、フィンペシアで治療を受けています。有効成分のフィナステリドが、男性型脱毛症の最大の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで、抜け毛を予防します。フィンペシア(キノリンイエロータダ)1mgは、インドの著名なジェネリック医薬品会社であるシプラ社が製造・供給しているAGA治療薬です。DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換される際に生成される化合物です。

フィンペシアは、有効成分としてフィナステリドを含有し、AGA(男性型脱毛症)治療薬として人気の高いプロペシアの後発医薬品として販売されています。本剤はフィンペシアの最新版で、キノリンイエローが配合されていません。フィンペシアは、シプラ社が開発した男性型脱毛症・AGA(androgenetic alopecia)治療薬であるプロペシアの初めてのジェネリック医薬品です。フィンペシアは、男性型脱毛症による脱毛を予防し、毛髪の乏しさを改善する薬です。前頭部・頭頂部におけるDHTの増加を抑制し、毛髪の成長サイクルを改善する効果があります。

フィナステリドを2~3年繰り返し服用することで、軟毛の量が増え、抜け毛が目立っていた部分が改善され、新しい毛や違う毛が太く生えてくる効果が確認されています。フィンペシアで2型5αリダクターゼの活性を抑えることで、DHTが作られるのを防ぐことができます。毛母細胞を保護するため、一連の抜け毛や髪の乏しさを防ぐことができるのです。