ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

マーベロンについての説明(通販ディビジョン)

マーベロンは、黄体形成ホルモンと卵胞ホルモンの分泌を同程度にコントロールし、排卵を促す卵胞刺激ホルモンの分泌を抑制します。マーベロン服用中は排卵が起こらないので、精子が体内に入っても受精することができません。子宮頸管粘液が不十分になると、ほぼ確実に妊娠ができなくなります。

日本では「マーベロン錠」という商品名で販売されている第3世代の低用量ピルのジェネリック版です。第2世代の低用量ピルの避妊効果の高さはそのままに、ニキビやムダ毛、不正出血などの副作用が出にくいように改良されています。正しく使用することで、身体の悩みを抑えながら、望まない妊娠を防ぐことができるのです。マーベロンは製剤を製造しているMSD社の正規品ですので、安心してお買い求めいただけます。

マーベロンは第3世代の低用量ピルで、ピルの効果を維持しながら主成分の量を減らしたため、従来の低用量ピルよりも副作用が少なくなっています。マーベロンには、2種類の女性ホルモンが配合されています。黄体ホルモンとしてデソゲストレルが0.15mg、卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオールが1錠に0.03mg配合されています。マーベロンは第3世代の経口避妊薬と言われており、それだけ新しい薬と言えます。「ノベロン」は、日本の産院で処方される可能性が高いマーベロンのジェネリック医薬品で、成分や効能が似ているにもかかわらず、先発品のマーベロンよりも安価に購入することができます。豊富にある低用量ピルの中で最もホルモン容量を抑えて処方されているため、小柄な日本人に合っており、副作用も最小限に切り詰めることができます。

有効成分を導入した21錠を摂取すると、約4~5日で生理的な出血が起こります。実際にはこの出血がその時の月経なのですが、マーベロン服用後に出血がなくなっても、その量は気にならないほど短いものです。マーベロンにはホルモン分泌を抑制し、月経を整える働きがあります。月経を整えることで、受精卵が子宮にくっつくのを防ぎ、精子や小さな子供が子宮に侵入するのを防ぎ、つらい生理痛を抑えます。

避妊効果は7回以上の連用で得られます。避妊効果があるときは、すでに体内でほとんどの準備が終わっているので、避妊効果は絶対確実です。マーベロンの効果は、摂取量を変えないことで維持することができます。マーベロンには、避妊効果以外にも、ホルモンバランスを安定させ、生理痛、貧血、生理不順、出血、子宮内膜症、更年期障害などを予防する効果も期待されます。

マーベロンには、月経痛の緩和、常用による月経量の正常化、卵巣癌からの保護などの効果があります。通常版には21錠、ED用28錠には飲み忘れを防止するためのプラセボが付属しています。低用量ピルは第1世代から第4世代に分類されますが、マーベロンは第3世代の低用量ピルになります。マーベロンは第3世代の低用量ピルです。マーベロンは、エストロゲンの含有量が少なく、ノイズが少ないため、体に優しくて副作用の少ない低用量ピルとして評価されています。