レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

 

 

 

レビトラについての説明(通販 薬局mk)

レビトラの有効成分バルデナフィルは、バイアグラ(シルデナフィル)と同様に勃起不全(ED)の原因物質である5型ホスホジエステラーゼ酵素の働きを阻害しますが、レビトラはジェネリック医薬品が多く、バイアグラよりも一般的に個人輸入しやすいと言われています。レビトラは食後服用しても効果が落ちにくいので、使い勝手が良いというメリットもあります。

レビトラは、ドイツのバイエル社が開発したED(勃起不全)治療薬です。日本では、バイアグラに次いで厚生労働省から認可されたED治療薬で、2004年から販売されています。食事と同時に服用でき、小さくて飲み込みやすいため、急に手渡すことができない状況でも安心して摂取できることから、盛んに利用されています。レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、水に溶けやすい動きをすることから即効性があることが特徴です。バイアグラと同様日本でも認可されており、メンズクリニックなどから処方してもらえます。

1錠に有効成分としてバルデナフィルが20mg含まれており、分割して服用しても十分な効果が得られるため、コストパフォーマンスの高い薬と言えます。有効成分のバルデナフィルは、勃起を妨げるホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)を阻害する作用があります。一言で言えば、性行為の鎮痛作用を受けたときに陰茎の血流を増加させ、勃起力を低下させないようにする働きがあります。

レビトラの添付文書では1時間前の服用が推奨されていますが、15時間から半時間程度で効果を認識する人が多いようです。また、食事に鈍感という特徴があるので、大量の食事や数値の高い脂肪分の多い食事を止めても、食後に服用すれば、薬の効果を十分に感じ、口にすることができます。10mgと20mgでは結果にほとんど差はなく、成分数の差は作用時間に現れており、10mgでおおよそ5時間、20mgで7時間以上、最大で10時間影響が続くと言われています。服用量を選ぶ際は、持続時間を目安に考えてみてください。

レビトラの有効成分はバルデナフィルで、バイアグラやシアリスにはないはずの水に溶ける性質があります。そのため、体内への吸収が早く、空腹時には20パイ程度で効き始めると言われています。有効成分のバルデナフィルは、3大ED治療薬の中で最も即効性があり、早ければ15分ほどで効果が現れると言われています。効果の持続時間はバルデナフィルの配合量によって異なり、10mgで5~6時間、20mgで8~10時間となっています。

ED改善効果は、15項目の質問からなる勃起力の指標の一種であるIIEFをもとに検討されました。解析の結果、レビトラの投薬は、有効成分の嵩に関係なく、挿入ペース+勃起保証スコアを有意に増加させました。プラセボと比較した有意差は、レビトラの勃起不全の症状を改善する能力を実証しています。レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、溶けて理解されるとすぐに血流に取り込まれます。その結果、服用後ほぼ15分で効果を実感できるようになります。通常半分程度で効くバイアグラと比較しても、レビトラの即効性は圧倒的です。

レビトラには有効成分としてバルデナフィルが含まれています。バルデナフィルは水に溶けやすく、投与後15分以内に成分の80%以上が溶けてしまいます。溶解性の高い成分という利点から、レビトラはすぐに使用できるED治療薬といえます。1998年にバイアグラが承認されたことで、勃起不全の治療薬としてED治療薬と呼ばれる内服薬が使えるようになりました。レビトラはバイアグラに次いで承認された勃起不全治療薬です。