レボフレックス250mg(クラビット・ジェネリック)

エルクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

レボクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

 

 

抗生物質についての説明(通販ドクター便)

クラビットの有効成分であるレボフロキサシンは、感染病巣に効率よく細菌を移動させます。多くの抗菌薬が1日2回以上の経口投与を必要とするのに対し、クラビットは1日1回の投与で十分な治療効果を発揮します。クラビットは、その強力な効果から、適応菌種による細菌性疾患の多くの症例で第一選択薬となっています。また、副作用が比較的少なく、セフェム系抗生物質やペニシリン系抗生物質にアレルギー反応を示す方でも使用することが可能です。

クラミジアは患者数の多い感染症です。日本での患者数が最も多く、決して珍しい病気ではありません。そのため、行為の頻度が少ない方でも感染する確率が高いと言われています。ニューキノロン系経口抗生物質は、感染時に細菌などのDNA(デオキシリボ核酸)複製を阻害し、殺菌作用を発揮します。クラビットは、日本人に最も多いクラミジア感染症や淋病の治療に使用されます。また、肺炎、急性細菌性副鼻腔炎、慢性前立腺炎、尿路感染症、赤痢やニキビなどの細菌感染症にも使用されます。

細菌が増殖するためには、DNAを合成する必要があります。DNAはすべての生物に存在し、各生物の遺伝情報を格納しています。レボフロキサシンを服用すると、DNAの合成を阻害することで細菌を死滅させることができます。合成過程が異なるため、ヒトや細菌のDNAには全く影響を与えないので、毒性はありません。主成分のレボフロキサシンは、淋病やクラミジアなどの性感染症に効果があり、人体への悪影響が少ないことから広く使用されています。

クラビットは、クラミジア、尿道炎、膀胱炎、マイコプラズマ感染症、副鼻腔炎などの感染症を改善するニューキノロン系抗菌薬です。クラビットジェネリック500mgは、第一三共株式会社が製造・販売するクラビット500mgのジェネリック医薬品で、クラビット500mgは、第一三共株式会社が製造・販売するクラビット500mgのジェネリック医薬品です。クラミジアは、日本のみならず世界でも最も多い感染症です。クラビットは、クラミジアによる女性の子宮頸管炎に対して92.3%、男性の尿道炎に対して84.3%の有効性が確認されています。

クラビットジェネリックの有効成分は、35種類もの細菌に適応があるニューキノロン系のレボフロキサシンです。細菌が体内で繁殖するために必要なタンパク質の結合を阻害することで殺菌作用を発揮します。レボフロックスやレボクインなどの後発医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分シプロフロキサシンを含んでおり、同様の殺菌作用が期待できます。

忙しくて病院に行けない、恥ずかしくて行けないという方には、個人輸入のクラビットジェネリックがおすすめです。また、クラビットのジェネリック医薬品であるため、価格が安いのもメリットです。医療機関では、特に泌尿器科、耳鼻科、婦人科で頻繁に処方されていますが、その他の診療科でもよく使用されている薬です。様々な感染症に有効でありながら、副作用が少ないため、常備薬として最適です。