トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーについての説明(通販スーパーpw)

トリキュラーは、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という人工的なホルモンでできています。それぞれのホルモンを月経周期に似せて供給し、脳に妊娠したと錯覚させるのがトリキュラーの効果です。トリキュラーには、ホルモンバランスの調整、排卵の抑制、受精卵の着床防止、精子の流入を抑制する、という3つの働きがあります。排卵後の女性の体内で起こる生まれ変わりのように、トリキュラーは妊娠初期と同様のホルモンバランス状態にすることで、徹底した避妊を可能にする効果があるのです。

トリキュラー21は、決められた順番に服用することで、女性ホルモンを3段階に変化させる「三相性」タイプです。ホルモン配合量の異なる3種類の錠剤を体内で正しい順番に服用することで、体に負担をかけずに安定したホルモン分布を実現します。トリキュラー(21錠)は、ドイツ・バイエル社から正式な認可を受けたザイダス・カディラ社製の製品です。日本で処方されているトリキュラー錠とは異なる、略式の症例品です。成分や効果は同じですので、安心してお買い求めください。

トリキュラーは、ドイツのバイエル社が開発した経口避妊薬です。数ある低用量ピルの中でも特に人気が高く、日本では多くの産婦人科で処方されています。1970年代、低級な効力に伴う障害が解決されないまま、多くのピルが販売された。そんなタイムチャージの原点から生まれたトリキュラーは、配合されている女性ホルモンの量を抑えながら、高い確率で避妊できる全く新しい経口避妊薬として、瞬く間に世界中に広まっていきました。トリキュラーの有効成分は、エチニルエストラジオール0.03mgとレボノルゲストレル0.05mgです。

トリキュラーの処方箋は、1999年に日本で初めて起案されました。それ以来、ほとんどの婦人科クリニックで取り扱われ、配合されるようになりました。トリキュラーは、排卵を抑制して卵子と精子が出会うのを防ぐ、子宮内膜を厚くして摩耗層を防ぐ、頸管粘液の粘度を高めて精子が子宮内に同伴するのを防ぐなど、非常に有効な生殖機能抑制剤です。これらの作用により、優れた避妊効果を発揮します。

低用量ピルには、一相性・二相性・三相性の3種類があり、トリキュラーは三相性です。ピルのホルモン容量を3段階に交渉することで、本来のホルモン分泌量に近い予備軍を発生させます。ホルモン量を最小限にコントロールするため、血便のリスクはふりかけに比べ軽減されます。1回転を28日として、平均15周期(約420日)、一連のフローウォッチで、女性924人中920人が避妊に成功し、トリキュラー服用期間中に妊娠することはありませんでした。臨床試験の結果、トリキュラーの避妊カバー率は99%という結果が出ています。

副作用としてむくみや吐き気など、つわりに似た症状が出ることがありますが、トリキュラーは体への負担が少ないように設計されています。ピルに抵抗のある方、ピルに抵抗のあるお客様におすすめです。飲み忘れが心配な方には、成分を含まないプラセボ錠が7錠入った「28錠部(トリキュラー28)」をおすすめします。