シアリス20mg

タダシップ20mg(シアリス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

シアリスについてのコラム(通販 鶴亀輸入)

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、ブロック機構と呼ばれる安定した因数分解機構を持っているため、非常に長い時間作用することが可能です。また、他のED治療薬に比べて血液中で安定しているため、遅効性で食事の影響を受けにくく、副作用が起こりにくいという付加価値もあります。日本では、2007年にシアリスの認証および販売が実施され、ED治療薬の中で最も新しい薬となりました。発売以来、年々シェアを拡大し、2013年には42%までシェアを伸ばし、世界で最も多く使用されているED治療薬となっています。

シアリスは、世界で最も広く使用されているED(勃起不全)治療薬です。陰茎の血流を改善することで、勃起しやすい状態を誘導し、陰茎の折れを防ぐことが期待されています。世界100カ国以上で使用されており、同剤を投与された悩める人は1,000人を超えると言われています。金曜日の深夜に服用すると日曜日まで効果が持続することから「ウィークエンド・ピル」とも呼ばれ、話題となっています。行為の際に即効性が切れる心配がないため、快適なナイトライフが期待できます。副作用が少なければ行為に集中でき満足度も上がる、と考えれば人気の意味も理解できるかもしれません。

PDE-5はこのサイクリックGMPを化学反応させる酵素なので、この酵素の接続を抑制するED治療薬を体内に導入することで、サイクリックGMPと勃起権の分割を抑制する数値が進化・調達されることになります。シアリスの勃起補助効果は最大で36時間持続します。シアリスは、従来のED治療薬よりも圧倒的に有用時間が長く、これまで使用されてきたED治療薬の中で最も重要なレビトラの4倍、バイアグラの7倍の効果があると言われています。

長時間作用型でありながら、その副作用はバイアグラやレビトラに引けを取らないか、少なくとも少ないと言われています。効き目(即効性)ではレビトラの次に位置づけられ、バイアグラより深く、レビトラより弱く効いていると感じる人が多いようです。シアリスの有効成分であるタダラフィルが体内に吸収され、効果が現れるまでの時間には個人差がありますので、基本的には性行為の3時間以上前の4時間前に体内に取り込むことが推奨されています。

世界では、2002年10月にオーストラリアでED治療薬として初めて承認され、2008年10月現在、世界116カ国で承認され、2013年にはED治療薬として世界No.1の座を獲得しています。また、有効成分タダラフィルを含有するシアリスのジェネリック医薬品も考案・販売されており、シアリスと同様に人気を博しています。シアリスは、影響力の持続性と食事の影響を受けにくいという快適さが特徴のED治療薬です。主成分のタダラフィル(Tadalafil)は、服用してから36時間は即効性があり、結果が出ます。食事をしても以前と同じように結果が出にくいため、「土曜日曜のピル」とも呼ばれています。

外部から刺激が加わると、陰茎海綿体健全部や内皮細胞から一酸化窒素の攻撃が活発に行われます。これにより、陰茎の動脈と海綿体の平滑筋の一部でサイクリックGMP(cGMP)が増加します。cGMPを分解する酵素はPDE5なので、シアリスはPDE5を阻害し、勃起に必要なcGMPが分解されにくくします。