アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アイピルについてのコラム(通販スーパーrf)

アイピル(i-pill)の通販サイトとしては、「スーパーrf」「ベストケンコー」「オオサカ堂」などがあります。スーパーrfは新興サイトのためまだネットでの評価が定まっておらず、個人的にはベストケンコーなどの老舗サイトで通販しておいた方が安全だと考えています。

有効成分のレボノルゲストレルは、WHOが一部開始した評判の高い2つの国際共同臨床試験の結果から、緊急避妊薬として有効であること、安全性に優れていること、1回の服用で効果があることが証明され、現在日常的に用いられている緊急避妊法となっています。現在、緊急避妊薬として日常的に使用されています。男性のゴムが壊れたり、避妊が失敗したときなど、いざという時のためにアイピルのようなアフターピルを常備しておくと安全です。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、従来の緊急避妊法(ヤッペ法)よりも高い妊娠阻止率を示すことが分かっています。行為中にゴムが破れた、つけ忘れたなどで避妊に失敗があった場合でも、失敗から24時間以内にアイピルを服用すれば、95%のケースで避妊に成功します。アイピルは72時間以内の避妊効果が75%で、24時間以内に服用できない場合でも3日間の猶予期間があります。

アイピルは、従来の緊急避妊薬と異なり、副作用が少ないのが特徴です。摂取後3~4日、遅くとも2週間以内に生理のような出血が起こるケースを消退出血といいます。避妊に成功したという認識の基準で被ります。アイピルを使えば、産婦人科でアフターピルを処方してもらうよりもはるかに安い費用で緊急避妊が可能です。アイピルはかなり高い確率で妊娠を防ぐことができますが、確実に妊娠を防ぐことができるわけではありません。凡ミスやゴム着用などの避妊を怠った場合の性交後の緊急避妊薬として使用するものであり、通常の経口避妊薬のように妊娠を終了させるものではありません。

アイピルを服用することで人工的に子宮内膜を剥がし、月経と同じ状態にすることで月経を早めたり、月経のモラトリアムを与えたりすることができます。彼とのデートや周遊など、女性の七つ道具になります。容量使用を守るため、緊急時のみ服用することをお勧めします。アイピルは速やかに服用した方が良い緊急避妊薬で、医療機関を受診してドラッグストアでピルを入手するまでの時間が最悪になることがあります。

アイピルは、行為中に避妊に失敗した場合、たった1回飲み込むだけで効果を発揮します。行為後24時間以内に95%の確率で避妊することができます。緊急避妊薬は1960年代から販売されていますが、当時の緊急避妊薬は乳房の腫れや嘔吐などの副作用が強く、使い勝手に欠けるものでした。その後、黄体ホルモンであるノルゲストレルという成分を含む緊急避妊薬が作られ、副作用をなくすことができました。

排卵は、性腺刺激ホルモンの一つである黄体形成ホルモンが体内で大量に分泌されることで起こります。アイピルによって黄体形成ホルモンの分泌が一時的に減少すると、排卵に必要なレベルまでホルモンの分泌が遅くなります。そのため、排卵を遅らせたり、卵胞を変化させて排卵そのものに挑戦し、排卵をなくすことができるのです。アイピルに含まれるレボノルゲストレルは黄体ホルモンで、受精や受精を織り込む階層を抑制する作用があります。簡単に言えば、卵巣からの排卵を妨げ、粘液の量を増やして受精が起こりにくくし、月経を早めて受精卵が子宮にはぐくまれないようにするものです。