トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーについてのコラム(通販クイーンk)

トリキュラーはピルの中でも「クイーンk」と呼ばれるほどの人気商品。国内では通販で入手できず、海外から個人輸入する必要があります。ベストケンコーやオランダ屋、オオサカ堂、アイビューティーストアーではトリキュラーの正規品をネット通販で購入でき、郵便局留めも可能です。

トリキュラーは、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを有効成分とする低用量ピルです。赤、白、黄色の錠剤が順番に体内に取り込まれ、女性の生理的なホルモンの動きに合わせた3段階の飲み方で、確実な避妊を可能とします。トリキュラーは三相性低用量ピルなので、ホルモン成分が1つの錠剤にまとめられ、排卵サイクルを制御することができます。トリキュラーは、妊娠の装着を調律するためのホルモンと同様の黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量を増やします。その結果、脳と体が妊娠したと勘違いし、排卵、受精、出産へのアクセスを阻害します。

体内のホルモン濃度を一定に保つため、24時間おきに投与することが推奨されています。朝、夕、食前、食後などの用法は指定されていませんので、毎日ブレずに服用できる時間帯を覚えておくようにしてください。数時間のズレで影響力が低下することはありません。トリキュラーを服用する際は、生理間隔が28日であることを利用すると、毎月の日程が決めやすくなります。生理が重なって気になる場合でも、トリキュラーの服用間隔を書き換えることで簡単にずらすことができます。

21日の持続服用は、排卵を抑制し、受精卵を着床させにくくする効果があります。排卵が抑制されるということは、妊娠中に妊娠しないというこれまで知られていなかった人間の優位性を利用して、受精卵がすでに妊娠している「妊娠のような状態」を作り始めるということです。この三相性低用量ピルは、決められた順序で体内に取り込むことで、28日間の摂取期間中に有効成分を徐々に進行させることができるという利点があります。

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、女性の生殖機能の向上、妊娠・出産、健康効果の持続に深く関わる非常に重要なホルモンです。これらのホルモンの上昇と下降により、月経回転の流れが確立され、妊娠・出産に至ります。トリキュラーは、避妊効果に加え、月経痛、貧血、月経不順の改善、経血量の減少、子宮内膜症、更年期障害の予防、ニキビや肌荒れ、育毛などの治療効果が期待されます。トリキュラーの服用を中止すると、推定2ヶ月のあとに月経が元に戻り、妊娠が可能になります。

トリキュラーは、三相性低用量ピルです。トリキュラーの有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルは、天然の類似したホルモンテンプレートにより、体の不安を鎮め、排卵を抑制することで、大きな避妊効果を発揮することができます。すでに妊娠している身体で排卵を防ぎ、精子が体内に流入しても妊娠に至らないようにするためです。トリキュラーは体内のホルモンバランスを操作するため、「妊娠しているから排卵しない」という体のエラーが続き、非常に高い避妊効果を発揮します。

月経周期を整え、避妊効果を排出するだけでなく、月経痛を軽減する効果もあります。トリキュラーには、ホルモン分布の調整、排卵の抑制、受精卵がまとまった階層を形成するのを防ぐ、精子の子供の侵入を妨げるという3つの働きがあります。排卵後の女性の体に起こる変動と同様に、トリキュラーにはホルモン分布を整え、体を妊娠初期の状態に均す有効性があり、本当の意味での避妊を可能にするのです。