プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロペシアについてのコラム(ジェネクリ・公式)

プロペシアはジェネクリ公式(genecli)でも通販できますが、価格や送料を考慮するとあまり賢明ではないかもしれません。オオサカ堂やJISA、アイドラッグストアーなどの有名個人輸入代行サイトの方がプロペシアを格安で購入できます。送料も全国無料ですので、商品代金以外はかからず安心です。

プロペシアを6ヶ月以上服用すると、毛が太くなり、毛の見た目が変わってきます。もともと前立腺肥大症の治療薬として認可されていたフィナステリドは、服用していた相談者が毛髪が太くなったことに気づき、AGA治療薬「プロペシア」として再登場したのです。プロペシアは、男性の頭頂部や前頭部の毛髪が少なくなるAGA(男性型脱毛症)を改善する薬です。男性型脱毛症は、前頭部と頭頂部の毛乳頭でDHTの量が急激に増加することで起こります。

前頭部と頭頂部の毛乳頭には、特に多種多様な5αリダクターゼ酵素が存在するため、前頭部と頭頂部はAGA脱毛の特異な宿主であると言われています。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの活性化を阻害することで、テストステロンがDHTに置き換わることを抑制します。強力な発毛剤ではなく、脱毛症の進行役を抑制する薬です。そのため、髪の少なさに気づいてから、できるだけ早く服用を開始することが重要です。発毛の希望がある場合は、プロペシアとミノキシジルを併用することが推奨されています。

プロペシアは、世界60カ国以上で承認されている男性型脱毛症用の内服薬です。有効成分フィナステリドを含有しています。Merck Sharp & Dohme社によって販売されています。プロペシアは世界60カ国以上で承認されているため、非常に安全に使用することができます。プロペシアは男性用として承認されているため、女性が使用しても効果はありません。妊婦が服用すると胎児に影響を与えることが報告されているため、女性は服用しないようにしましょう。

プロペシアは3ヶ月~6ヶ月間、飲み続けることで効果を発揮するものです。プロペシアを長期間服用することで、発毛を促進し、不足している毛髪を補修することが期待されます。日本で行われたプロペシアの臨床試験では、98%の訳例(132名)が前頭部と頭頂部の脱毛の順番を回避することに成功しました。臨床試験の対象者は、AGAを発症した30歳から50歳の男性です。臨床試験では、プロペシアを1日1錠、本日の日付で、およそ6ヶ月以上の期間服用します。

1997年に世界で初めて米国FDAに承認されたAGA治療薬です。その後、世界中に普及し、世界60カ国以上で承認されています。日本では2005年に承認され、10年以上前からAGA治療の主役として選ばれています。日本では2005年に厚生労働省の認可を受け、以降、スキンクリニックでのAGA治療において幅広い分野で使用されていることが想定されます。ただし、AGA治療は自由診療の病院が一般的で、プロペシアの処方は生命保険が適用されないため、保険料治療費が発生するのが一般的です。

有効成分フィナステリドは、男性ホルモンDHTの生成に必要な5αリダクターゼ酵素を阻害することで、DHT生成物を抑制します。このDHTには髪の成長を止める働きがあり、男性ホルモンは男らしい外見や男性の色気を維持するために作用しています。プロペシアは髪の成長サイクルを修正します。成長サイクルが整う頭部に外用育毛剤を使用し、髪の健康状態を改善することがより効果的です。プロペシアだけでも低成長の髪を改善することができますが、プロペシアにミノキシジルを加えることでさらに髪を増やすことができます。