バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バルトレックスについてのコラム(通販井上薬局)

バルトレックスは井上薬局など国内ドラッグストアでは通販できませんが、ベストケンコーやオオサカ堂、アイドラッグストアーなどから個人輸入することが可能です。海外版といっても、日本と同じグラクソ・スミスクライン社が製造しているので安心して使用できます。

単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、感染者と接触していなくても感染する可能性があります。口唇ヘルペスや帯状疱疹に悩む方の側にも、再発に備えて予防薬として服用したい方にもおすすめの商品です。ヘルペスの再発に備えてバルトレックスを常備している人は多く、個人輸入代行業者からまとめて購入する人もいると思われます。

バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、体内で代謝活動を行い、通過後にゾビラックスの有効成分であるアシクロビルに変換される仕組みになっています。アシクロビルは置換によって分離しないようにされているため、成分の取得効率が大幅に向上していると考えられます。ゾビラックスを覚えておくことで費用対効果を高め、バルトレックスは服用回数を2分の1以下に減らすことができます。

ヘルペスウイルスは、30歳代の50%が保有していると言われています。口唇ヘルペス、帯状疱疹、帯状疱疹など、多くの症状があります。帯状疱疹は、水痘など他のウイルスの前身となるものです。バルトレックスは、皮膚の不節制を抑えながら、ウイルスの増加を抑え、皮膚を正常な状態に戻すことで、ヘルペス、水痘、帯状疱疹に有効です。バルトレックスは、抗ウイルス化学療法剤のうち、抗ヘルペスウイルス薬に分類されます。単純ヘルペス、帯状疱疹、水疱など、ヘルペスウイルスによる病気の治療に使われるヘルペスウイルス感染症治療薬があります。

病気の原因となるヘルペスウイルスは、多くの成人が接触によって感染しますが、自覚症状はほとんどなく無害です。しかし、風邪症候群やイライラ、疲労などで免疫力が低下すると、飲み水疱や発疹として症状が出ます。ヘルペスの症状が治まっても、もっと言えば、免疫力が低下していれば、再発します。ヘルペスウイルスの接触感染による症状は、初期の段階で治療する必要があります。ウイルスが増殖してしまうと、治療薬による症状の修復が遅くなるおかげで、重症化する前に満足のいく治療をすることが大切です。

バルトレックスは、ウイルスの増殖を抑制することで、ヘルペスに大きな効果を発揮します。ウイルスの増殖を抑えることで、一見疑わしい病気の広がりや不規則な炎症を最小限に抑えることができ、完治までの時間を早めることができるのです。バルトレックスは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発した抗ウイルス剤で、有効成分としてバラシクロビルを含んでいます。日本では2000年から医療機関で処方され、ヘルペスや帯状疱疹の治療薬として取り入れられ、自分や自分の肌を変えないために重要性が高まっています。

バルトレックスはグラクソ・スミスクライン株式会社が販売し、有効成分のバラシクロビルは体内に入ると抗ウイルス作用のあるアシクロビルに置き換わります。ヘルペスウイルスに感染すると、症状が治まってもウイルスが全身(三叉神経)に残り、いつでも再発する可能性があります。