ゾビラックス200mg(アシクロビル)

ゾビラックスクリーム

 

 

 

 

 

ゾビラックスについてのコラム(通販リサーチ)

ゾビラックスは、有効成分アシクロビルを含有する抗ヘルペス薬で、帯状疱疹や水疱瘡に効果があります。国内外で活躍する製薬会社グラクソ・スミスクラインが製造販売している薬です。すべてのヘルペスウイルスに効果があるわけではなく、単純ヘルペスウイルスと水痘・帯状疱疹ウイルスに限定されています。

単純ヘルペスウイルスや水痘帯状疱疹ウイルスが接触感染した細胞にアシクロビルが入ると、ウイルス由来の酵素で置換(リン酸化)され、設計図が変化する。その後、細胞由来の酵素がさらに構成を逆転させて薬効のある活性型となり、ウイルスのDNA合成を阻害して繁殖を抑えます。ゾビラックスの有効成分であるアシクロビルが発見される以前は、この病気の主な健康原因であるヘルペスウイルスに対して、これほど有効な成分はなく、症状を抑える対症療法しかなかったのです。

ゾビラックスは、ウイルス感染症に有効な抗ヘルペス薬です。アシビル内服ゼリー、アシクロビル(ACICLOVTRIR)錠、クレームや名門ゾビラックスジェネリックのラインナップが充実しているのが特徴です。性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹のついでに服用したい方、再発時のエスコート薬として服用したい方にもおすすめの商品です。

ゾビラックスは、帯状疱疹に罹患している方の抗ウイルス治療薬としても使用することができます。ウイルスを抑制する薬なので、ウイルスが最も活発に増えている発病初期に服用すると、より大きな効果が得られます。アシクロビルは、DNA生成の本質である資源酸成分と非常によく共通するメカニズムで存在し、細胞内に入ると誤ってDNAに取り込まれてしまう。アシクロビルがDNAに取り込まれることで、製造ができなくなり、ウイルスが増殖できなくなるのです。ヘルペスの治療薬としては、多くの介護施設で処方されている「ゾビラックス」が最も一般的で、副作用が少ないことから多くの人に支持されています。

ヘルペスウイルスは、接触によって感染した表皮細胞で増殖を繰り返し、近くの細胞に受け渡すことで接触感染する。接触感染した細胞で免疫不全が起こると、飲み水疱などの疾患不全が発生します。口唇ヘルペスは、唇の周囲に症状が現れます。真っ赤な飲み水疱、かゆみ、痛みなどが気になることがあります。ひどくなると、食事ができないほどになってしまうこともあります。何度も再発するヘルペスには、興奮したり、チクチクするなど、再発の前兆があるときにゾビラックスを服用することで、不適正に現れることを防ぐことができます。

ゾビラックスは、口唇ヘルペス、帯状疱疹、ミネラルウォーターに非常に有効な抗ウイルス剤です。ゾビラックスの力によって、真っ赤な発疹や帯状疱疹などの病気の出現を最小限に抑え、回復までの時間を短縮することができます。性器ヘルペスは、女性の外陰部や膣の出入り口の前、お尻などに現れる湿った快感の一種とされ、それが切れて長い間ただれている。やがて筋肉痛に変わり、最終的には尿が出なくなります。