ビマット(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ビマットについてのコラム(通販ディビジョン)

ビマットを毎日塗ることで、まつ毛の「間隔・太さ・色調を太く・細く」育てていきます。アイメイクによるストレスでお悩みの方、年齢によりまつ毛が少なくなってきた方に効果的です。また、美しいまつ毛を長く手に入れる目的でも効果的です。臨床試験では、16週間の毎晩の使用(約4ヶ月に1回)で、78%の方が育毛の力を実感されたとのことです。具体的には、まつ毛のキロ数が25%、密度あたり106%アップ、色の濃さ・薄さが18%アップしたことがニュースになっています。

日本では、緑内障点眼薬のルミガン、まつ毛育毛剤のグラッシュビスタも発売されており、多くの医療機関で使用されていることが想定される。しかし、ルミガンやグラッシュビスタのまつ毛育毛剤は保険適用外のため、処方が高額になります。これらのクライアントのまつ毛育毛の全体的な普及率は55.7%。50%以上のユーザーがまつ毛の人気化に成功しています。

ルミガンは、米国では2001年3月に高眼圧症の治療薬として承認され、その後、世界75カ国で承認され、法人化されています。ルミガンは以前、緑内障の治療に使われていましたが、まぶたに使用したところ、まつ毛をより肥満化させる効果があることが分かりました。まつ毛エクステンション、まつ毛チャージャー、つけまつ毛は、まつ毛や周囲の皮膚に負担をかけ、時間がかかるものです。ビマットは1日1回塗るだけで、エクステをしなくてもゴージャスなまつ毛になるので、とても手軽です。

ビマットは、まつ毛の成長期を延長し、発育を促進します。ビマットの有効成分であるビマトプロストは、毛根を刺激し、専門のヒスタミド受容体を活性化させます。これにより、毛周期(まつ毛の成長サイクル)の休止期を短縮し、成長期を割り引き、延長させます。ビマットは、欧米で初めて発売された睫毛貧毛症治療薬(まつ毛育毛剤)「グラッシュビスタ」の海外版ジェネリック医薬品です。有効成分としてビマトプロストを0.03%含有し、毎日夜間にまつ毛の生え際に塗布することで、濃く太く、長持ちするまつ毛を育成します。

ビマットは、まつ毛育毛剤「ルミガン」のジェネリック医薬品で、有効成分としてビマトプロストを含有しています。よく知られているルミガンやケアプロストと同じ効果を発揮します。健康な髪の毛は、毛根で新しく生まれた時は白いのですが、毛根を取り巻く細胞の状態が良いと、新しく生まれる髪の毛にメラニンが多く取り込まれます。そのため、ビマットを使い続けることで、まつ毛は黒く濃くなるのです。ビマトプロストは、毛根を取り巻く細胞でのメラニン合成を活性化させます。

一度抜いた毛は、次の毛が再生するまでの間、毛根は休眠状態になります。毛の太さ、濃さ、離れ具合は、成長期の動きに影響されます。休止期が早く、成長期がずっと続くと、毛は長い板状に数え切れないほど発達します。ビマトプロストでは、この成長期の期間が延長され、休止期が短縮されるのです。まつ毛貧毛症とは、まつ毛がない、あるいは半分しかないことを特徴とする症状です。原因としては、加齢、人肌の病気、刺激、過労などが挙げられます。副作用として、瞳孔周囲のまつ毛の隆起、頭髪の隆起などがあり、この症状はまつ毛を育てるべき薬として注目されています。