ロゲイン(ミノキシジル5%)

女性用ロゲイン(ミノキシジル2%)

 

 

 

カークランド(ミノキシジル5%)

 

 

 

 

 

ロゲインについてのコラム(通販くすりロイヤル)

ロゲインは、男性の薄毛やAGAの治療薬です。頭皮にすり込むことで、頭皮の血流を改善し、発毛を促進します。アメリカの製薬会社ジョンソン・エンド・ジョンソンの傘下にあるマクニール社から販売されています。ミノキシジルの作用により、髪の生え変わりのリズム(ヘアサイクル)が延長されます。脱毛間隔が延びると、頭皮に残っている毛髪の量が徐々に増え、外見上も毛髪の量が増えたように見えるのです。

スポイトは適量を頭皮に塗布するだけでなく、フタとしても使用できます。ロゲインの効果を実感するには、4ヶ月以上の継続使用が必要です。日本ではAGA育毛剤として「リアップ」が販売されていますが、主成分はロゲインと同じ製法で、傾向と作用は五分五分です。ロゲインはリアップの50%OFF以下で入手でき、その効率は抜群です。

ロゲインは、男性型脱毛症(AGA)による抜け毛や髪の少なさに悩む方のために、頭皮にすり込むだけで簡単に使える育毛剤です。世界で初めてミノキシジルを配合した育毛剤です。ROGAINの有効成分であるミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として誕生しましたが、その副作用として頭皮の血行促進、育毛、発毛効果があるとしてFDA(米国食品医薬品局)に承認されました。また、日本表皮医学会の男性型脱毛症診断方針において、最高推奨度である「A」ステータスと評価されています。

ロゲインの主成分であるミノキシジルとプロペシアの主成分であるフィナステリドは、全く異なる角度から同時にAGAを治療するので、互いの効果を邪魔することがないのです。一緒に使うことで、抜け毛を抑止し、いつでも髪を太く成長させることができるというダブルの効果があり、低発毛の治療にも効果が期待できるのです。ちなみに、デュタステリドはフィナステリドの有用性が薄い重度のAGAの治療にも有効です。

プロペシアなどの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼII型酵素の働きを阻害することで、男性ホルモンによる脱毛を抑制する。髪の毛は1ヶ月に1cm程度しか成長しないため、個人差はありますが最低でも3ヶ月、最長で6ヶ月はロゲインを使い続けないと発毛・育毛の影響は感じられません。ロゲインを継続して使用することで効果を実感しているお客様はたくさんいらっしゃいます。

有効成分ミノキシジルは、発毛効果が非常に大きく、成人男性の5人に1人が悩んでいると言われるAGAの治療に推奨されている成分です。ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、薄毛治療に非常に強い効果があるとして、全国の皮膚科学教室で認められています。

ロゲインは、男性専用の発毛促進剤であるマクニール社によって作られ、販売されているAGA治療薬です。この製造会社は、信頼性の高いジョンソン・エンド・ジョンソンの傘下企業です。発毛は、3ヶ月以上の期間をかけて失われないことが重要です。血液を通して毛髪を製品化しようとする毛根に栄養を与えることで、頭皮の状態を整理し、育毛・発毛を実現することができるのです。