アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーについてのコラム(通販ドクターjp)

アジーは先発医薬品のジスロマックと同じ成分を含んでいるので、効き目は同じ程度です。マクロライド系の作用は、細菌のタンパク質の合成を阻害し、増殖を抑えます。相棒のβ-コンビニエンス・タム・アソシエーションは、細菌の細胞壁表面を破壊することで細菌を死滅させる。そのため、マクロライドはクラミジアのような細胞壁を握らない細菌に対しても抗菌活性を発揮します。

、歯周病、副鼻腔炎、肺炎マイコプラズマなど、複数の接触感染症に対しても高い効果を発揮します。歯周病(85.9%)、肺炎マイコプラズマ(98.0%)、副鼻腔炎(100.0%)に高い効果を示すことが確認されています。有効成分のアジスロマイシンは、マクロライド系抗生物質です。急性接触感染症の治療に必要な幅広い抗菌活性を有し、マイコプラズマ、クラミジアに対して良好な抗菌活性を示します。

有効成分のアジスロマイシンは、抗生物質の一種で、性病を含む幅広い細菌に効果があります。主にクラミジアや淋病、梅毒に悩む方々の間で盛んに利用されている薬です。アジーは服用することで、体内の細菌の増加を抑え、殺菌することで症状を改善することができます。抗生物質は、第三者に足擦れの原因となる細菌に作用して、細菌の増殖を抑制します。マックライドの抗生物質は、わずかな副作用で予想外の抗菌効果を発揮するため、子どもからおばあちゃんまで広く処方されています。

アジーに含まれる有効成分は、7日を超えて10日間かけて血中に蓄積され、一定の濃度で添加されます。そのため、長時間作用することができますが、アルコールの摂取によりアジーの効果が薄れることがあります。抗菌作用が発揮されず、症状の改革に時間がかかる可能性があることを考えると、アジー投薬開始から10日間は深酒を控える必要があります。アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、タンパク質を作る5つの器官であるリボソームに作用します。アジスロマイシンはリボソームに結合してその実行を阻害し、病気の原因となる細菌がタンパク質を合成するのを阻止します。この作用により、アジスロマイシンは病気の原因となる細菌の増殖を抑制するのです。

アジーは、インドの大手ジェネリック医薬品メーカーであるシプラ社が製造しており、製品としての正しさは折り紙付きです。アジーはジスロマックのジェネリック医薬品で、細菌接触感染時の症状の見直しに効果的です。ウイルスや真菌による接触感染には不便ですが、クラミジアや淋病などの性感染症、気管支炎や歯周病などの治療には適していると思われます。

性感染症が気になるヒトや、滞在中の香りが気になる女性には、アジーによる早期治療がおすすめです。ジスロマック錠の摂取量カタログデータは、250mg錠と500mg錠の2系統があります。アジーはさらに大容量の1,000mg錠が用意されています。1錠にアジスロマイシン1mgが含まれているので、アジー1mg錠を1回服用すれば、クラミジアの治療が完了します。