デパスの代わりとして人気の商品

 

 

 

ペクセップ20mg(パキシル・ジェネリック)

パロキセチン20mg(パキシル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

デパスについてのコラム(通販そしがや薬局)

エチラームは、日本で最も多く使用されている抗不安薬「デパス」の後発品として知られています。チエノジアゼピン系の抗不安薬として販売されています。服用することで感じられるデパスの効果は、本来の症状とは関係ありませんが、「よく眠れるようになった」「不安がなくなって安心した」「リラックスして確信が持てた」など、その効果を実感したという生の反応が多く販売されています。

エチラームは、安定剤、抗不安剤、睡眠導入剤で有名なデパスのジェネリック医薬品です。成分のエチゾラムは、脳内のベンゾジアゼピン受容体に作用して緊張や不安を和らげ、安眠を得やすくします。うつ病、自律神経失調症、パニック障害などの重要な安定剤として使用されています。また、ストレスからくる不安感で眠れない方の入眠前補助薬としても使用されています。また、筋肉のコリや腰痛を和らげるためにも使われます。かなり様々な症状に効果があるため、世界中で幅広い層に利用されている薬です。

デパス錠やエチラーム自体は副作用がほとんどなく、非常に安全性の高い薬と言われていますが、やはり薬ですので、体に取り入れる際には基本的に医師や薬剤師の指示に従うことが大切です。病気の大半を考え直すために使用されており、不安だけでなく緊張病の緩和や対策にも効果があるとされています。そのため、内科や心療内科の各科で睡眠導入剤として処方されることもあります。

エチラームの成分は、デパスにも含まれるエチゾラムです。ベンゾジアゼピン系に属する成分で、脳内の抑制物質であるGABAの働きをサポートし、不安やストレスで体質や心が揺らぐ症状を和らげます。また、内面を落ち着かせる作用があることから、心身症、神経症、睡眠障害、パニック障害などの治療にも適していると考えられます。

インドの製薬会社(インタス・ファーマシューティカルズ社)が製造するエチラームは、ジェネリック医薬品であるため、セクシーで安価なのが特徴です。デパスよりも購入しやすく、成分量も同じなので、同程度の効能が得られます。エチラームは、症状に効果的で作用時間が短いという感触があり、抗不安薬としてだけでなく、睡眠導入剤としても使用することができる。このような特徴から、寝付けないことで日中の活動に影響が出てしまうという方の間で人気のある薬となっています。

デパス錠とエチラームは、不安障害や睡眠障害のほか、うつ病、統合失調症、高血圧症、パニック障害、胃潰瘍などの治療に使われるとされています。エチラームの主成分であるエチゾラムは、脳内のBZD受容体に結合し、リフレッシュ系の神経を活性化させ、精神を落ち着かせることができます。抗うつ薬や抗不安薬は不安神経症の治療薬で、意識をリラックスさせ、不安感や緊張感を鎮め、進め方を穏やかにする効果があります。