レボフレックス250mg(クラビット・ジェネリック)

エルクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

レボクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

 

 

クラビットについてのコラム(通販 グランパ)

クラビットの後発品であるレボキンは、インドに本社を置くシプラ社が製造・販売しています。シプラ社は、インドのムンバイに本社を置く製薬会社で、1935年に設立された長い歴史を持つ企業です。クラビットは、細菌の増殖に必要なソース酸の産生を阻害することで細胞を破壊します。

クラビットはニューキノロン系抗生物質で、有効成分はレボフロキサシン水和物です。世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、プロテインブラウンの対照的な錠剤が特徴です。1日1回、7日間服用することで、性器クラミジアなどの治療が可能です。クラビットの有効成分であるレボフロキサシン水和物は、ニューキノロン系抗菌剤です。

有効成分として配合されているレボフロキサシンは、ニューキノロン系抗生物質と呼ばれる強力な仲間なので、1日1回体内に取り込むだけで、迅速かつ強力に菌を退治することができます。また、クラビットは接触感染マッチ菌の根本原因が多いため、メディカルスタジアムでもよく処方されます。レボフロキサシンは、淋病やクラミジアなどの性感染症、特に膀胱炎や尿道炎の治療に使用されています。淋病やクラミジアなどの性感染症、膀胱炎や尿道炎は、性器の膿、痛み、排尿時の痛みなどが特徴です。

ニューキノロン系と呼ばれるこの抗生物質は、1日1回体内に取り入れることで、驚異的な治療効果を発揮します。また、性病や不妊症の予防にも効果があります。細菌が身を寄せ合うためにはDNAを合成する必要があるが、DNAはすべての鳥獣に存在し、それぞれの鳥獣の遺伝情報を保存しています。レボフロキサシンを補充すると、DNAの合成を阻害することで細菌を殺すことができる。鳥と細菌のDNAの合成は異なるため、鳥と細菌のDNAに影響を与えることはありません。

有効成分のレボフロキサシンは、細菌のDNA合成を阻害するニューキノロン系の抗菌薬です。この作用により、様々な種類の病気の原因となる細菌や接触感染に効果を発揮します。性感染症(STI/STI)であるクラミジアや淋病に非常に有効です。クラビットの副作用は起こりにくいとされています。しかし、頭痛、起立性めまい、下痢、吐き気などの症状が、一定の割合で起こることがあります。これらの症状や異常が現れた場合は、直ちに服用を中止してください。

インドのジェネリック医薬品制度は、高品質なジェネリック医薬品を安価に製造できることが特徴です。レボクインもそのような高品質なジェネリック医薬品の一つで、安価でありながら、先発品のクラビット錠と同等の一流の治療効果を発揮します。エイズに感染しないためにも、クラビットでクラミジアを早めに治療することが大切です。