ツゲイン10(ミノキシジル10%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインについての説明(通販井上薬局)

発毛効果を実感するためには、ツゲインを継続的に使用することが必要です。発毛効果は、通常6ヶ月に1回、服用している人は3ヶ月に1回と急増して、一定期間継続することで初めて実感することができます。ミノキシジルは、頭皮の毛細血管を拡張して血流を改善し、毛根に栄養を行き渡らせやすくし、毛母細胞に鮮やかに作用して活性化させ発毛を促すとされています。

ツゲインは、世界的に有名なインドのシプラ社が監修した育毛剤です。ジョンソン・エンド・ジョンソンの統括会社であるマクニール社が調製しているロゲインのジェネリック医薬品です。コストパフォーマンスの高いジェネリック医薬品であるツゲインを、治療の早い段階で使用することをお勧めします。

ミノキシジルの作用に依存する動脈蔵は、頭皮の血行を良くし、毛根に栄養を入れます。毛根に栄養が送られると、毛乳頭から毛母細胞の増殖に必要なタンパク質の生成が活性化される。それと並行して、毛母細胞にATPが送られ、細胞が活性化され、発毛のスリルを加速させます。ツゲインは、ミノキシジルを2%配合した低密度薄毛育毛剤もあるシプラ社が開発・工作したAGA(髪の乏しさ・抜け)アシストの治療薬です。ツゲイン2%(ミノキシジル2%)は女性でも使用できますが、5%と10%は男性専用ですので、失敗しないように注意してください。

ツゲイン10%(ツゲイン10%)は、リアップやロゲインなどの育毛剤のジェネリック医薬品です。有効成分であるミノキシジルを10%配合・内蔵しており、通常のリアップの10倍の大きさになっています。ジェネリック医薬品なので単価が安く、希釈して使用するとさらに金額面でもお得になります。臨床試験では、ミノキシジル5%の投与により、4週間後に軽度の脱毛が進行した。さらに投与すると、8週間後に10%、12週間後に60%、24週間(半年)後には90%以上の方が髪を取り戻したという結果が出ています。

ミノキシジル外用薬は、特に頭頂部の低発毛に有効であると言われており、内服薬と異なり頭皮に無理なく塗布できるため、高価格でも効果的な治療法と言えます。ミノキシジルを2%配合した「トゥゲイン」は、男女兼用の治療薬で、女性にもおすすめです。

ミノキシジルの含有数によって「2%」「5%」「10%」タイプに分かれており、女性にも使用できますが、女性にはツゲイン2%の使用をおすすめします。男性の場合、大差のないAGA治療薬であるフィナステリドを有効成分とする薬と併用することで、抜け毛を調べる効果がさらに高まります。

ミノキシジルを有効成分とするツゲインは、日本ではCMでも耳にしたことのあるリアップと同じグループの育毛剤です。米国ではロゲインというファミリーネームで販売されており、ツゲインはロゲインのジェネリック医薬品にあたります。ミノキシジルは男性型脱毛症の女性にも有効ですが、ミノキシジル濃度が5%より高いものは濃度が高すぎて使用することができません。女性はミノキシジル濃度が2%(日本人の感覚では1%)以降であれば使用可能です。