プロバンサイン

プロスパス(ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

プロスパスについての説明(通販薬局最安値)

プロスパス(Prospas)は、抗コリン薬の一種であるプロバンサイン後発品です。先発医薬品のプロバンサインは、多汗症の治療薬として採用され、発汗を抑える効果があります。その他、頻尿や尿意手の低下などの症状を引き起こす過活動膀胱にも有効です。デオドラント製品のほか、粘膜の力の源を鎮め、胃液の分泌を抑えることで胃腸薬としても使用されています。

プロスパスはAmazonや楽天市場、Yahooショッピング、メルカリ、ラクマなどでは販売されておりません。オオサカ堂やオランダ屋などの個人輸入代行サイトからのみ入手可能です。お得な2本セット(200錠入り)も取り扱いがありますのでぜひご検討ください。

有効成分プロパンテリンは、アセチルコリンの過剰な働きを抑制し、筋肉のイライラを和らげ、けいれんによる胃腸障害を修復し、夜尿症(おねしょ、寝小便)を抑制し、過剰な汗の分泌を抑えます。多汗症や夜尿症は、神経会話の質量物であるアセチルコリンの過剰な働きによって現れる。アセチルコリンには発汗や排尿などの交互作用を促す作用があり、プロスパスの有効成分であるプロパンテリンには、アセチルコリンの過活動を抑制する作用があります。

プロスパスの抗コリン作用は汗の分泌を緩和し、膀胱の萎縮を防ぐことができるため、プロスパスは多汗症や過活動膀胱の治療薬として使用することができる薬となっています。抗コリン作用のあるプロスパスは、自律神経封鎖作用があります。精神的な緊張や果てしないプレッシャーなど、交感神経が優位になることで起こる症状に効果的です。

プロスパスの有効成分は、臭化プロパンテリンです。多汗症の改善や夜間頻尿の改善に効果があります。プロスパスはプロバンシンのジェネリック医薬品で、プロバンシンの約半額で購入することができます。昔からある抗コリン薬で、多汗症や過活動膀胱の治療に適しています。プロスパスは、自律神経に作用し、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、多汗症の治療薬です。特に「多汗症」については、日本で認可されているオンリーワンの薬であるプロバンサインのジェネリック医薬品であり、効くところでは多汗症治療薬として処方されているのだそうです。

プロスパスはプロバンサインのジェネリックであり、株式会社ロイドラボラトリーズが監修・押収しているのです。有効成分のプロパンテリンは、神経の交換体であるアセチルコリンの働きを抑える抗コリン作用があります。プロスパスは、多汗症を固める効果が期待できるお薬です。特に、脇や手のひら、腕の裏側、頭皮からの発汗に悩む患者さんが多く、いずれも本剤で改善されます。汗が多くて人間関係を築くのが苦手な方、プライドを保ちたい方などにおすすめです。

日々の仕事で極度のプレッシャーを感じている方、頭や手帳から滝のような汗をかく方、満員電車の車内で通勤時に背中や脇に落ちる汗の色が気になる方にもおすすめです。また、汗の量が増えることで発生するワキガなどの体臭をアシストする効果も期待できます。汗そのものを抑えることで、汗のニオイ、ワキガ、汗ジミを総合的に解決します。また、お客さんや腕汗が止まらない方など、極度のハラハラ感で汗が噴き出していると思う方のあがり症も効果的に改善します。

摂取後30分程度で効果があらわれ始め、1時間程度で局面を迎え、2時間程度で効能効果が弱くなります。汗をかきたくない局面の1時間前に摂取すると、過剰な発汗を緩和することができます。プロパスのメリットは、一人で抱え込みがちな多汗症の悩みをすぐに改善することです。有効成分プロパンテリンが汗腺の働きを和らげ、汗のかきすぎの状態を改善します。