イトラゾール100mg(イトラコナゾール)

 

 

 

フォルカン150mg(ダイフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ダイフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

イトラコナゾールについての説明(通販メンション)

イトラコナゾールは、爪水虫やアクラル物質繁殖型水虫の原因となる白癬菌の殺菌に優れた効果を発揮します。治療が困難な爪水虫にも効果があり、わずか3ヶ月の治療で菌を死滅させるために使用します。爪水虫は、白癬菌というカビの一種が接触感染し、密生することで発症する病気です。患部は爪であるため、真菌が硬く、外用薬での治療が困難です。

イトラコナゾールは体内で酸化されにくく、効き目が長続きすると言われています。そのため、真菌による水虫、カンジダ症、白癬などの真菌症に様々な形で使用されています。真菌の増殖や増加を抑えるとともに、真菌を殺菌し、外用剤では届かない皮膚や内臓の真菌感染症を改善する効果があります。カンジダ症、水虫、白癬などによい製品です。

主成分のイトラコナゾールは、真菌を取り囲む細胞膜の生合成を阻害することで、真菌を壊します。カンジダ菌など一部の真菌は体内に常駐しており、体に異常がないときは接触感染を起こさないが、体が弱っているときは接触感染を起こすことがあります。イトラコナゾール錠は、爪がもろくなったり大きくなったりする水虫(白癬)に有効な抗真菌薬、スポラノックス(イトリゾール)のジェネリック医薬品です。本剤は、スポラノックスと同じ有効成分イトラコナゾールを含有しており、爪白癬に対しても同様の効果が期待されます。

イトラコナゾールは、真菌(カビ)を殺すお薬です。真菌による接触感染症の治療のために飲み込むことができます。日本で活躍する世界的なジェネリック医薬品メーカーであるマイラン社が製造・販売しており、先発品と同等の効能・効果を有しています。イトラコナゾールは、白癬菌やカンジダ菌などの真菌の生活環に必要な細胞膜の成分であるエルゴステロールの産生を阻害します。エルゴステロールは、体内に存在する前駆体を真菌の酵素で分化させて生産されます。イトラコナゾールが酵素の働きを阻害すると、エルゴステロールの生産が小康状態になり、細胞膜に悪い部分が発生し、菌が死んでしまうのです。

イトラコナゾール錠100mgは、日本でも活躍している世界的なジェネリック医薬品メーカーであるマイラン社が模倣して販売しております。マイラン社は、アメリカのボールペンシルバニア州に地盤を置く製薬会社です。2007年にドイツの製薬・化学メーカーであるメルク社(Merck KGaA)からジェネリック医薬品の分野を買収し、業容を拡大したのが同社のコアビジネスです。

消化管真菌症、尿路真菌症などの内臓真菌症、カンジダ症、白癬(水虫)などの応用薬剤では治療が困難な表在性・深在性皮膚真菌症、爪白癬などの症状改善に効果が期待されます。イトラコナゾール錠は、真菌(カビ)を退治する薬です。体内に取り込むことで、水虫、白癬、カンジダ症などの真菌感染症を治療することができます。

開発元のマイラン製薬株式会社(東京都)は、2008年に日本法人として設立され、現在の日本の医療システム全般において、なくてはならない存在となっています。そのため、イトラコナゾールは世界のあらゆる地域で承認され、世界中の多くの医療機関で使用されています。イトラコナゾールは、日本ではイトリゾールとして処方されています。イトラコナゾールは、真菌(カビ)による真菌症に承認されている薬剤です。