フロントラインプラス

 

 

 

ネクスガード・スペクトラ

 

 

 

 

 

フロントラインについての説明(通販サークル)

フロントラインプラスは、外部寄生虫に優れた2つの成分(フィプロニルとメトホルミン)を配合しています。ノミやマダニは、神経に届くため非常に高温になるフィプロニルで退治します。ノミの幼虫や卵は、S-メトプレンの成長停止効果により孵化が妨げられ、幼虫はサナギになって姿を消します。

フィプロニルはフロントラインの主成分で、ノミやマダニの成虫を殺傷する。東京都で行われた検索では、13週間ごとに体重1kgあたり910mgのフィプロニルを投与すると中毒を起こす可能性がありますが、通常の使用ではまだ安全性に問題はないようです。フロントラインは、ペットの皮膚マスクの皮脂に寄生して広がったノミを駆除するための製品で、寄生している生きたノミを24時間でほとんど駆除することができます。

犬や猫を飼っている人なら誰でも知っているノミ・マダニ防衛薬のフロントラインは、発売以来20年前後、注目されてきました。一方、フロントラインが人気を維持しているのは、その成分とノミの卵や幼虫を駆除する、いわゆる「駆除能力」にあります。フロントラインは、1回の服用で1カ月間効果が持続する製品なので、飼い主さんにとっては手間がかかりません。

普通のダニと違い、マダニはやはり、ペットに深刻な病気を引き起こす原因になることがあります。ペットの体に塗る薬は他にもありますが、シラミまで駆除できる薬は珍しいです。これらの外部寄生虫は、自然の草木に生息しているため、簡単には駆除できないのです。フロントラインは、大型犬のノミ・マダニ駆除に最も万能なお薬です。月に一度、肩甲骨の間に薬を投与するだけで、ノミやマダニを駆除することができます。また、内服薬が苦手な犬にも最適です。

フロントラインは、高い安全性が認められており、授乳中や妊娠中のペットにも投与することが可能です。また、子犬や子猫にも安全であることが確認されています。外に遊びに行く犬は、どうしても外部寄生虫のリスクにさらされています。外部寄生虫とは、ノミやマダニなど、体の外側に寄生する寄生虫のことです。

フロントラインは、もともとフランスのリヨンにある動物用医薬品専門のメリアル社によって開発されました。現在では、ドイツの製薬会社ベーリンガーインゲルハイムとの合併により、フロントライン社は世界第2位のバイオ製薬会社となり、獣医界に貢献し続けています。フロントラインは、ノミやマダニを一度に予防する外用薬で、2000年に一般発売されて以来、第一人者として信頼され続けている製品です。

フロントラインなどに含まれる成分は、犬や人間にとって100%無害というわけではありません。しかし、口から体内に入ると薬の濃度に差が生じ、健康被害が発生する可能性があります。愛犬に直接なめさせないよう、十分な注意が必要です。ノミ・ダニ予防薬には、飲み薬、注射薬、爪とぎリングに染み込ませて使うものなど、様々な種類があります。フロントラインは、飲む薬でも注射薬でもなく、物理的なものに滴下する薬です。そのため、フロントラインは経口剤に比べ、人体への心配が少し少ないのです。