フォルカン150mg(ダイフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ダイフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フォルカンについての説明(通販カンパニー)

フォルカンの有効成分であるフルコナゾールは、真菌特有のエルゴステロールでできた細胞膜の生合成を阻害するため、高齢者には無害でありながら真菌感染症の治療が可能です。カンジダ症を頻繁に再発する人は、フォルカンなどのフルコナゾール内服薬を常備薬として持っておくことをお勧めします。

フォルカンは、インドの製薬会社シプラ社が販売している抗真菌薬です。有効成分フルコナゾールは、薬理学的にはアゾール系抗真菌薬に分類されます。感度を高める作用があるため、欧米では女性版バイアグラとも呼ばれています。真菌の細胞膜はエルゴステロールという成分で構成されていますが、フルコナゾールはこのエルゴステロールの生成を害し、細胞膜をもろくしてしまいます。これにより真菌の増殖が抑制され、炎症の症状が回復するのです。

1年間に4回以上再発するカンジダには、フォルカンを週1回服用することで、再発を予防することができます。フォルカンは、カンジダの治療薬として、1回の服用で週1回服用できる節約型の薬です。インドの有名な製薬会社であるシプラ社が製造しています。特にカンジダやクリプトコッカスに対する抗真菌作用が強いため、女性に多いと推定されるカンジダ症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌性髄膜炎の治療に広く使用されています。

有効成分フルコナゾールは、真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの重要な合成を担っています。真菌がエルゴステロールを生産・供給できなくなると、細胞膜の構成が低下し、成長が制限されます。フルコナゾールは、体内に何度も入り、高濃度になったときに効果を発揮する。目立った副作用もなく、安全な抗真菌薬と言われています。

カンジダの治療には、有効成分フルコナゾール150mgを1回に体内に取り込む必要があります。フォルカンは1錠に150mgのフルコナゾールが含まれているため、1回1錠服用するだけでカンジダの治療が開始されます。10~50歳の女性のほぼ5人に1人がカンジダの既往があると言われています。かゆみ、炎症、ダブつきや異常がカンジダ症の主な症状です。カンジダ症の治療には、フォルカンなどのフルコナゾール製剤が有効です。

フォルカンを服用すると、有効成分が分泌液にすばやく溶け込み、抗真菌作用を発揮します。カンジダの病因であるカンジダの増加を抑制し、おりものの異常や外陰部のかゆみ、かぶれなどの症状を解消します。また、フルコナゾールは、性感染症として知られるカンジダ症や、公衆真菌症の治療や再発防止にも効果があります。フルコナゾールは、フルコナゾールを有効成分とする深在性真菌症に見られるアゾール系抗真菌剤で、カンジダの治療に活用されている内服薬「ジフルカン」の後発品です。