ペクセップ20mg(パキシル・ジェネリック)

パロキセチン20mg(パキシル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

パキシルについての説明(通販ネオテート)

パキシルの効果は、ジェイゾロフトやレクサチャンピオンなどの他のSSRI系抗うつ薬と比較して「切れ味抜群」という評判があり、その結果、他の追随を許さないという評価につながっているのです。人間の脳細胞の間にはシナプスがあり、セロトニンやアドレナリンといった重みのある神経連絡は、次の細胞が獲得し、報告を行い、次々と同じ神経末端に帰っていきます。しかし、大きなショックやフラストレーションがあると、神経連絡の揺らぎが鈍くなるため、神経シナプスを挟んだ常時のセロトニンやノルアドレナリンの密度が低下してしまうのです。

パキシルには注意事項があります。うつ病患者は自死願望(自分の死について何らかの判断を下すこと)があり、自殺未遂の危険性があります。そのような人は、早い時期にパロキセチンを服用し始めると、また、摂取頻度を変えると、自殺のフットワークが重くなる危険性がある。特に24歳以下の若年層でこのリスクは高くなります。SSRIは、セロトニン再流入ポンプに鮮やかに結合することで、セロトニンが神経末端に戻るのを阻害し、シナプスを横切っていつでも不用意にセロトニンの量を増加させる薬物である。パキシルは、強力で適用可能なセロトニン再流入阻害剤です。

副作用は重篤で、回復するのに数ヶ月以上かかることがあります。パロキセチンを中止する場合は、状態を観察しながら、数週間を越えて4~5ヶ月かけて徐々に贅沢をなくしていく必要があります。パキシルは、うつ病やパニック障害だけでなく、不安障害や強迫性障害にも効果がある、信頼できるお薬です。

パキシル・ジェネリック(ペクセップ)は、日本の厚生労働省が認可した抗うつ薬「パキシル」のジェネリック医薬品(後発医薬品)です。主成分のパロキセチンは、うつ病の失敗の主な原因である抑うつ思考を抑制し、気分を高めて体力をつける働きがあります。パキシルは、セロトニン変化型抗うつ薬と呼ばれ、不安感、うつ病、気分の重さによるパニック障害に処方される薬です。主成分のパロキセチンは、脳内のセロトニン濃度を高めることで抗うつ作用を発揮します。

インターネットの発達により、うつ病にかかる人は年々増加しています。うつ病の症状は、脳内の神経導管の異常によって引き起こされ、パキシルなどの抗うつ剤で治療することが可能です。パキシルは、シナプスの次元のずれでセロトニンの量を増やすことで症状を改善する薬です。有効成分のパロキセチンは、強力なセロトニン抑制・遮断作用を持っています。

用法・用量は、嵩上げのためにゆっくり徐々に調整する必要があります。その強い影響力から、現在の心療内科で最も多く処方される薬の一つです。パキシルは、脳内の情報交換の重鎮であるセロトニンに作用し、抗うつ作用と抗不安作用があり、暗い気持ち、不安、イライラ、精神病、疲労、食欲不振、不眠などの症状を改善する。

ショックや精神的負荷は、セロトニンなどの活性を鈍らせます。パキシルなどのSSRIは、セロトニンを再び吸収し、ポンプと容易に結合することで、セロトニンが神経末端に戻るのを抑制する。SSRI抗うつ薬は、それ以前に販売されていた抗うつ薬よりも副作用が少なく効果的であるため、うつ病の治療薬として選択されるようになったのです。