フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジフルカンについての説明(通販カリヨン薬局)

ジフルカンは、ファイザー社が開発した商品です。カンジダ症や尿路感染症の治療薬として使用されています。カンジダは、健康な女性でも持っている常在菌です。体が重い、疲れが取れない、体がだるいなどの理由で免疫力が低下すると、カンジダが増え始め、症状が出ることがあります。粘液が多くでる、かゆみがある、行為時に痛みがあるなどの症状が出ます。真菌はカビの仲間で、ジフルカンの有効成分であるフルコナゾールは、カンジダ菌やクリプトコッカス菌に対して抗真菌活性があります。

真菌はカビの一種で、自然界や人間・動物の体内にも存在します。体内に真菌が存在しても、通常は体の免疫機能により、真菌の増加を抑えることができる状態が維持されています。しかし、何らかの理由で体の免疫力が低下すると、真菌の増殖が異常に大きくなり、毒性疾患を引き起こすことがあります。1日1回服用し、食前・食後の耐性は特にありません。以後の服用は、前回の服用から24時間以上経過してから行う必要があります。

カンジダ菌自体は体のあらゆる部分に存在する常在菌ですが、主に接触行為によって循環するカンジダ菌が、免疫力の低下した体内で異常増殖し、カンジダを引き起こすことがあるそうです。カンジダ治療薬「ジフルカン(Diflucan)」にはジェネリック医薬品があります。有効成分フルコナゾールは、水虫やカンジダなどの真菌による接触感染症を治療する抗生物質です。

ジフルカン・ジェネリックは、インドに本社を置くCipla(シプラ)社によって大量生産され、販売されています。シプラ社は、インドのムンバイに本社を置く製薬会社で、その歴史は1935年までさかのぼります。日本ではあまり知られていませんが、インドではシプラ社のジェネリック医薬品は大きなシェアを占めています。ジフルカンの主成分はフルコナゾールであり、真菌感染症治療薬に含まれる成分の一つである。フルコナゾールは物理的な送達率が高く、真菌感染症の治療のほか、女性をリラックスさせ満足させる効果があるため、女性用のナイトウェアとして人気があります。

フルコナゾールの副作用は、頭痛や吐き気などの消化器症状が主なものです。真菌感染症治療薬であるため、安全に使用するためには、使用上の注意をよく守ることが大切です。ジフルカンの有効成分であるフルコナゾールは、潤い対策を施すことで、行為時の女性の痛み緩和する副次的な効果があると言われています。これは現在も研究状況の内容なので定かではありませんが、お出迎えする効果であることは間違いないでしょう。

フルコナゾールは、主に腟カンジダ症の治療と予防に使用されます。カンジダは、カンジダ属の真菌によって引き起こされます。カンジダ症は、水虫に次いで多い真菌感染症で、カンジダ菌の接触感染によって起こります。カンジダは細菌ではなく真菌に細分化され、単細胞である細菌に比べ、増加細胞である真菌は幅が広いのが特徴です。カンジダは再発しやすい病気なので、症状を発見したらすぐに治療を開始し、治癒後も再発を防ぐ必要性からフルコナゾールの取り込みを推奨し配置します