ルミガン(Lumigan)

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルミガンについての説明(通販net窓ロ)

ルミガンは、現在ではまつ毛育毛剤として世界的に認知されていますが、もともとは緑内障の治療薬として誕生した目薬です。ルミガンは4ヶ月を過ぎると、2日に1回の塗布で効果が維持できます。ルミガンの使用を中止すると、2ヶ月に1回程度で元に戻ってしまいます。ルミガンは、本当に効果のあるまつ毛育毛剤として知られています。このお薬は、アラガン社のルミガンを忠実に再現したものです。アメリカ、カナダ、ヨーロッパでは、ルミガンはまつげ育毛剤として狙われています。

まつ毛のヘアサイクルにおける成長期を延長するような作用があり、毛根を発火させ、メラニン生成を活性化させ、いつまでも太く濃厚なまつ毛を作り出します。ルミガンをいつでも継続的に使用することで、約2ヶ月で効果が現れ、約4ヶ月で最大の効果を発揮します。ルミガンは緑内障の治療薬として誕生し、現在も医療機関で緑内障の治療時に選択される薬剤です。具体的には、有効成分であるビマトプロストが、眼房水の放出を開放し、目頭の圧力を正常に戻すことで、緑内障を修復することができます。

まつ毛を増やしたい、長くしたい、濃くしたいという女性の願いを叶える製品です。日本では、ルミガンと同じ有効成分ビマトプロストを配合したまつ毛育毛剤「グラッシュビスタ」という医薬品があります。これは保険適用外なので、すべて自費になります。ミルシガンの副作用については、軽い痒みなどの話だけで、症例からすると安心されているのだと思います。ただし、目元付近はそのまま色や艶が付着することがありますので、ご注意ください。

定期的なまつ毛のリペア費用は、それなりにかかるはずです。エクステのように自まつ毛が何日も伸びれば、管理も費用もかなり楽になるはずです。ルミガンは、エクステやつけまつげのような負担がなく、自然にまつげが伸びるので、自然で美しい目元を手に入れることができます。ルミガンの使用をやめると、およそ1ヶ月ごとにまつ毛は元に戻ります。ルミガンで伸びたまつ毛をキープするためには、継続することが必要です。

ルミガンは、もともと緑内障の治療薬として完成されたものです。緑内障の治療薬として、ルミガンはビジネス界では80カ国以上で承認されているはずです。ルミガンのまつ毛育毛効果は、緑内障の治療薬として開発・販売促進を行う中で発見されたものです。ルミガンは、睫毛の傷や睫毛の数が少ないと悩む人に励みになる睫毛育毛剤です。ルミガンは、発毛・育毛剤としてFDA(米国保健社会福祉省)に承認され、日本では2009年に「グラッシュビスタ」という製品が承認されました。

ルミガンは、世界的に有名なまつ毛育毛剤です。アラガン社が設立・販売しており、日本では緑内障治療用の点眼薬として承認されています。日本で承認されているまつ毛貧毛症治療薬「グラッシュビスタ」と同じ成分で、グラッシュビスタと同等の効果があります。ルミガンは化粧品ではなく医薬品で、どんなに太い自まつ毛でも太くし、受け止めることで効果を発揮します。日本でも人気の高い医療用まつ毛育毛剤で、高価格ながら高い効果が期待できます。