ブロードライン・スポットオン

 

 

 

フロントラインプラス

 

 

 

 

 

ブロードラインについての説明(通販エージェント)

ブロードラインは、月1回の投与で寄生虫対策ができる置き薬タイプの外用薬です。フィプロニルは主にノミやマダニに有効で、寄生虫の神経捕捉を阻害することで駆虫します。(S)-メトプレンは、ノミの卵や幼虫の成長を抑制し、寄生虫のブロードキャストを抑止する効果があります。猫は薬を飲むときにとてもストレスを感じますし、病気を予防するために複数の薬を飲むことはとても挑発的なことです。一方、ブロードラインは、背もたれに落とすだけですべての寄生虫を駆除できるため、猫にとって挑発はより短く、より成功しやすいと言えます。

ノミやダニを駆除し、パーツオンでさらなる侵入を防ぐ。ノミの成虫を駆除するだけでなく、ノミの未熟な点も1ヶ月以上駆除します。消化管内寄生虫を治療し、フィラリア症を制御します。ブロードラインは、他のノミ・マダニ駆除剤に比べて、かなり多くの寄生虫をガードし駆除することができます。基本的に、ブロードラインを一度つけると、他のガード剤は持ち込まないようになっています。

ブロードライン猫用2.5kgの使用期間は、蚊が発生する1ヶ月前から蚊が発生してから1ヶ月後までが目安になります。犬・猫以外の動物には使用しないでください。月1回の投与で、体外に広く寄生する寄生虫を駆除します。注射器型の注射ケースで、猫の肩甲骨に簡単に投薬できます。また、個体にも感染するといわれる消費者向け家畜類似接触感染症、多細胞性サナダムシにも有効です。

毎月投与することで、体内外の多種多様な寄生虫を駆除する薬剤です。注射器のような重さのシリンジタイプの容器で、猫の肩甲骨に簡単に投薬することができます。エプリノメクチンは体内に浸透し、猫回虫や猫鉤虫の駆除、犬糸状虫の寄生防御に効果を発揮します。同様に、プラジカンテルは体内に理解されると、きゅう虫、ネコ条虫、多包虫に効果を発揮します。

ブロードラインは、猫の内外の寄生虫をさらに圧縮する総合外用薬です。猫は犬よりも治療が難しい場合が多いので、すべてが連動する一連の薬を使うことは、より簡単でストレスの少ない手口で愛猫をサポートすることを意味します。ブロードライン猫用は、猫用の寄生虫駆除剤です。有効成分としてフィプロニル、S-メトプレン、エプリノメクチン、プラジカンテルが混入されています。

入浴やシャンプーによる副作用は報告されていませんが、1ヶ月に1回以上の入浴やシャンプーは避けるべきです。プラジカンテルは条虫の筋肉に作用して痙攣性不感症を引き起こし潰し、エプリノメクチンはフィラリアなどのゼロ状態脊髄寄生虫の筋肉や神経細胞に作用して麻痺させる。外に出るのが便利だと思う猫もいると思います。外の環境は様々な寄生虫に感染する可能性があり、危険です。ブデライのような数種類の寄生虫を予防できる薬を飲ませるのはとても安全です。

ブロードラインは、ノミに対しては1ヶ月ごと、マダニに対しては3週間まで効果があります。この小さな製品で、すでに猫に滲み出ている寄生虫に即効性のある治療効果を発揮し、治療の合間に再寄生を防ぐことができます。ブロードラインの4つの成分が寄生虫を徹底的に駆除し、愛猫を健康な状態に保つことができます。使用後1ヶ月以内に猫を入浴させた場合、効果が大きく低下する心配はほとんどありません。ただし、安全対策として、治療後2日以内に猫を入浴させることはお勧めしません。