ゾロフト50mg

ダキシッド(ゾロフト・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ゾロフトについての説明(通販リサーチ)

ゾロフトは、突然の動悸や息切れ、徹頭徹尾不安を伴うパニック障害や、不意に起こる心的外傷後ストレス障害(PTSD、心痛)にも深い治療効果を発揮することが分かっています。先発薬の3割程度の価格で購入できるジェイゾロフトジェネリック(ゾロフト)は、同じ有効成分を2回分含んでいるので、同じ反応が期待できます。

主成分のセルトラリンは、うつ病、パニック障害、不安障害、負担制限などの治療に用いられてきた抗うつ剤で、健康な人だけでなく、心の悩みを抱える病気の人にも安全に使用できる効果があります。ジェイゾロフトは、うつ病以外にも、パニック障害、PTSD、社会不安障害、強迫性障害などの治療薬として承認されており、また、標的治療薬ではありませんが、ストレスによる過敏性腸症候群の治療薬としても使用されることがあります。

ゾロフトは、様々な心の悩みを改善する第3世代の抗うつ薬です。従来の多くの抗うつ薬によく見られる口渇や便秘などの副作用を軽減すると考えられています。ゾロフトはうつ病などの治療のために服用しますが、不安、焦燥、そわそわ、パニック発作、入眠障害、イライラ、敵意、攻撃性、衝動性、躁状態などの症状が現れることがあります。特に服薬開始初期や大声の切り替え時に丸坊主になりやすいと報告されています。ゾロフトは、1980年に海外で主相が発売され、欧米を中心にうつ病の臨床試験が行われ、1990年に英国で、1991年に米国でうつ病治療薬として承認されました。

ゾロフトは有効成分セルトラリンを含有する抗うつ剤です。日本では先発品、ジェネリック品ともに承認されており、臨床の場でも多くの変人たちに使用されてきた実績があります。ジェイゾロフトはSSRI(選択的セロトニンマトリックス阻害剤)であり、脳内のセロトニン濃度を高めるため、確実な抗うつ作用があります。また、副作用が少ないことも特徴です。うつ病は、誰にとっても身近な病気と言われています。暗い気分の落ち込み、緊張や精神構造の行動の落ち込みや興味、あせり、睡眠障害、食欲不振、悲しみや不安が続くことを特徴とする精神疾患の1つです。

セロトニンやドーパミンを増やすことで、「熱中力」や「楽しむ力」を向上させることができます。実際に、「ジェイゾロフトを服用してから、ひどいうつ病に悩まされていた頃とは違う考え方や環境に生まれ変わった」、「使われることがこんなに自然なことだと思えるようになった」などの言葉を耳にすることがあります。ゾロフト(ダクシード)50mgは、ファイザー株式会社が製造し、世界中の医療機関でうつ病の治療に使用されている高品質な薬の一つです。

効果が頼もしい反面、副作用が体の奥底に現れることがあります。症状がイライラしないほうの人、副作用が気になる取引先の人、仕事中に治療に立ち寄る人などに向いているお薬です。近年、思春期や妊娠・出産など女性特有のライフイベントで女性ホルモンが倍増することや、社会的役割の変化・転換により、女性がうつ病やパニック障害、心的外傷後ストレス障害にかかりやすくなっています。ゾロフトなどの薬剤のおかげで、社会的役割と折り合いをつけながら、これらの障害を治療することができるようになりました。